デンタルフロスのオカムラ(OKAMURA)|高品質な歯ブラシ・歯間ブラシの製造・販売も行う、デンタルフロス関連製品の総合商社

Cooperation

コラムCOLUMN

2018.05.01

つまようじ法は効果があるのか | 効果的な磨き方の手順

キレイな歯イメージ

 

つまようじ法は、近年話題になりつつある新しい歯磨きの方法です。

専用の歯ブラシを使い、歯と歯茎の間に力を加え、マッサージするように意識して磨きます。

 

そのため、つまようじ法は一般的な歯磨きよりも、歯茎が強くなりやすいと言われているのです。

 

今回はそんなつまようじ法の効果や手順、注意点について触れていきます。

 

つまようじ法には歯茎を引き締める効果がある

 

歯と歯茎の間にブラシの毛先を当て、それこそつまようじのように歯間に通すようにして歯を磨くつまようじ法には、歯茎を引き締める効果があると言われています。

 

歯と歯の間に詰まった歯垢や、炎症を起こした歯茎に溜まった悪い物質の排出を促すのです。

 

つまようじ法で出血するけど大丈夫?

つまようじ法で歯茎が引き締まる原理は、デンタルフロス使用時とよく似ています。

 

デンタルフロスも、使用して間もないころは、まず歯茎に溜まった悪い血や膿を押しだすため、痛みを感じなくても出血することがありますよね?

 

実はこれは、つまようじ法においても同様なのです。

 

ただ、もしも痛みや不快感がある場合は、狭い歯間部にブラシの毛先を無理に入れたことにより、歯茎にキズがついてしまった可能性があります。

 

ですので、歯茎の痛みと出血が両方ある場合は、以降のつまようじ法を控えた方がいいかもしれません。

 

<関連記事>

⇒ 心配ご無用!デンタルフロス使用時の出血について

 

つまようじ法の手順

 

まず、つまようじ法を試す際には、つまようじ法専用の歯ブラシを準備することをオススメします。

 

通常の歯ブラシでは、歯間に入りづらいですし、無理に入れるとケガをするおそれがありますので、つまようじ法での使用はやめておきましょう。

 

つまようじ法に適した歯ブラシは、ブラシがヘッドに対して垂直についているのではなく、内側に傾いたVの字についています。

通販や大型の量販店で、1本300円前後で販売されています。

 

つまようじ法のやり方は、以下のようにとても簡単です。

 

  1. 歯間に歯ブラシの毛先を当てる
  2. できるだけたくさんの毛が歯の間に入るよう意識する
  3. 歯間をすべらせるように毛を入れたらゆっくりと引き抜く
  4. この動きを10回ほど繰り返す
  5. 歯の裏側も、同様の手順で磨く

 

V字型歯ブラシのメーカーサイトや、他動画サイトでは、つまようじ法によるオーラルケア動画がアップされています。

 

よく分からない方は、参考にしてみるといいでしょう。

⇒ つまようじ法専用歯ブラシ ブイセブン公式サイト

 

つまようじ法はいつもの歯磨きに”プラスアルファ”の歯磨き法

 

歯茎を刺激して引き締め、歯周病の予防にも効果が高いと言われているつまようじ法ですが、決して万能とは言い切れません。

 

つまようじ法だけで済ませるのではなく、普段から行っている歯磨きにプラスアルファで行うことが効果的でしょう。

 

例えば「どうも歯周ポケットの奥までは磨けていない気がする」という意見を、よく聞きます。

確かに歯の横から毛先を入れるつまようじ法の場合、歯周ポケットに隠れている歯垢をキレイに取り除くことは難しいでしょう。

 

また、歯並びが良く歯間がとても狭い方の場合、歯ブラシの毛先を入れるのは難しいと感じるかもしれません。

 

そんな時は、様々なタイプがありどんな歯間部にも使いやすいデンタルフロスを使用してみてください!

 

歯ブラシでは取れにくい、歯周ポケットの奥の歯垢も、デンタルフロスをしっかり使えば絡め取ることができます。

 

日頃忙しい方は、時間がない時はつまようじ法、寝る前などオーラルケアをしっかりやっておくべき時はデンタルフロスを使うというように、オーラルケアの方法を使い分けてみてもいいでしょう。

 

しかし、歯垢の除去率を重視するなら、歯ブラシ・デンタルフロス・マウスウォッシュの3点セットの使用が1番効果的です。

 

歯周ポケットの奥の歯垢をしっかり取るデンタルフロスのことならオカムラまで!

PAGE TOP