デンタルフロスのオカムラ(OKAMURA)|高品質な歯ブラシ・歯間ブラシの製造・販売も行う、デンタルフロス関連製品の総合商社

Cooperation

コラムCOLUMN

2018.05.01

歯ブラシの消毒ってした方がいい?消毒するならオススメの2つの方法

歯ブラシ

 

毎日、オーラルケアのために使う歯ブラシ。

 

定期的に歯ブラシを取り替えるのは前提として、「衛生的に消毒をしておいた方がいいんじゃないのかな?」と気になる方が、意外と多いようです。

 

そこで今回は、歯ブラシの消毒は必要かどうかと、消毒する場合にオススメの方法についてお伝えします。

 

歯ブラシの消毒は必須ではない!

 

まず、歯ブラシの消毒は決して必須ではありません。

むしろ、消毒をやり過ぎると歯ブラシの毛が傷み、交換のペースを早める必要が出てきます。

 

確かに、歯ブラシは雑菌が繁殖しやすいのですが、使用後にしっかりと水気を切り、風通しの良いところで保管していれば、消毒が必要なほど雑菌が増えるということはありません

 

雑菌をできるだけ繁殖させない、歯ブラシの保管方法について詳しく知りたい方は、下記記事をご覧ください。

⇒ 毎日使う歯ブラシは清潔に保とう!オススメの保管方法と場所

 

しかし、「どうしても気分的に消毒しておきたい!」という方もおられるでしょう。

以下では、歯ブラシを消毒する場合にオススメの方法を2つ、お伝えします。

 

歯ブラシを消毒するならオススメの方法

 

歯ブラシを消毒したい方にオススメの方法は、以下の2つです。

 

  1. マウスウォッシュに歯ブラシをつける
  2. 歯ブラシ除菌器を使う

 

1.マウスウォッシュに歯ブラシをつける

手軽に歯ブラシの消毒(除菌)をしたいなら、マウスウォッシュに歯ブラシをつける方法をオススメします。

 

歯ブラシを使用した後、水でしっかりすすぎ洗いをして水気を切って、歯ブラシの毛をマウスウォッシュに浸します。

 

マウスウォッシュの種類は、アルコール入りのものの方が、歯ブラシの除菌には効果的だと考えられます。

 

普段、歯茎への影響を考えてノンアルコールのやさしいマウスウォッシュを使用している場合、それとは別に歯ブラシ消毒用のマウスウォッシュがあってもいいかもしれません。

 

2.歯ブラシ除菌器を使う

オーラルケアに興味を持ち始めたばかりの方には、聞き馴染みがないかも知れませんが、『歯ブラシ除菌器』というアイテムがあります。

 

歯ブラシ除菌器は、その名の通り、歯ブラシを除菌するための機械です。

 

歯ブラシ除菌器にはUVライトが内蔵されていて、紫外線の力で除菌効果を発揮します。

持ち運びに適したコンパクトなタイプや、据え置きに適したホルダータイプなど、各メーカーが様々な歯ブラシ除菌器を販売しています。

 

マウスウォッシュに浸す場合とは違い、カラッと除菌できるイメージがあるので、清潔感を重視される方には歯ブラシ除菌器の使用が向いているでしょう。

 

まとめ

 

以上、歯ブラシの消毒の必要性と、消毒する場合にオススメの方法についてお伝えしました。

 

消毒(除菌)をすることで、安心感を得られるメリットは大きいとは思いますが、100%雑菌がいなくなるわけではありません。

 

“歯ブラシのこまめな交換”など基本的なことを忘れないようにしましょう!

オーラルケアアイテムのことならオカムラまで!

PAGE TOP