デンタルフロスのオカムラ(OKAMURA)|高品質な歯ブラシ・歯間ブラシの製造・販売も行う、デンタルフロス関連製品の総合商社

Cooperation

コラムCOLUMN

2018.05.01

インプラント術後のオーラルケアで気を付けるべきこと

インプラント

失った歯の部分に、人口の歯根を埋め込むインプラント治療。

 

インプラント術後すぐの、オーラルケアに関する注意事項は、歯科医・歯科衛生士さんから詳しく説明を受けるかと思いますので、それに必ず従いましょう。

 

今回お伝えするのは、インプラント術後から月日が経ってからの、日常的なオーラルケアのポイントです。

 

インプラントと歯茎の間を意識したオーラルケアが大切

 

インプラントと歯茎の間には、通常より広いすき間があいています。

そのため、インプラントの周辺には、より多くの歯垢(プラーク)が溜まりやすいと考えてください。

 

インプラントと歯茎のすき間の歯垢を、効率よく取るためには、デンタルフロス(中でもスーパーフロス)や太めの歯間ブラシを使うことをオススメします。

 

<関連記事>

⇒ スーパーフロスとは!?~スポンジつきデンタルフロスの便利な使い方~

 

インプラント術後にオススメの歯ブラシ

 

インプラントの術後は、デンタルフロスだけでなく歯ブラシ選びにも、気を遣ってみましょう。

 

インプラントの手術前から使用している、毛が硬い歯ブラシで歯を磨いてしまうと、インプラントが劣化しやすくなるおそれがあります。

 

インプラント術後の方にオススメなのは、以下のような歯ブラシです。

  • 毛がやわらかい歯ブラシ
  • ヘッドが小さい歯ブラシ
  • ウォータージェット歯ブラシ

 

毛がやわらかい歯ブラシ

できるだけ毛がやわらかい歯ブラシで、力を入れすぎないように注意しながら磨くと、インプラントが傷みにくいです。

 

ヘッドが小さい歯ブラシ

ヘッドが小さい歯ブラシは、細かいところの歯垢を取りやすいです。

 

また、局所的に歯を磨くことに特化した、ワンタフトブラシを併用してみるのもいいでしょう。

 

ウォータージェット歯ブラシ

水圧で歯の汚れを取る、ウォータージェット歯ブラシを試してみるのもオススメです。

 

インプラントと歯茎の間に詰まってなかなか取れない、食べ物のカスや歯垢を押し流してくれます。

 

<関連記事>

⇒ 電動のデンタルフロスって何!? そのメリットやデメリットについて

 

歯磨き粉は研磨剤が入っていないものがオススメ

 

インプラント術後から使用する歯磨き粉は、できれば研磨剤(つぶつぶ)の入っていないものを選ぶことをオススメします。

 

研磨剤は、歯の着色汚れを落としてツルツルになる効果があると言われていますが、インプラントの表面を削ってしまうリスクがあります。

 

インプラントは、通常の歯のように再生(再石灰化)しないので、表面が削れてしまうような歯磨き粉は選ばないことが無難です。

 

 

 

以上、インプラント術後のオーラルケアのポイントをお伝えしました。

 

インプラント術後のケアについては、定期メンテナンスなどでインプラントそのものの劣化を防ぐことも大切ですが、インプラントを支える歯茎の健康を維持することも必要不可欠です。

 

インプラントも、残った歯もキレイに維持できるよう、丁寧なオーラルケアを心がけましょう!

 

インプラント術後にも使いたいオーラルケアアイテムのことならオカムラまで!

PAGE TOP