デンタルフロスのオカムラ(OKAMURA)|高品質な歯ブラシ・歯間ブラシの製造・販売も行う、デンタルフロス関連製品の総合商社

Cooperation

コラムCOLUMN

2018.06.29

歯のぬるぬる・ねばねばの原因と対処方法

歯のぬるぬる

 

歯のぬるぬる感が気になるとお悩みの方が、結構多くいらっしゃるようです。

 

実は、歯の表面のぬるぬる感(人によっては、ねばねば感)が気になってくるのは、口内環境が悪くなりつつあるというサインなのです。

 

そこで今回は、歯のぬるぬるの原因や対処方法について、お伝えします。

 

歯の表面がぬるぬるしてしまう原因は”細菌のフィルム”

歯の表面がぬるぬるし始めるのは、ずばり口の中の細菌の量が増えてきているというサインです。

 

細菌は自身の繁殖・生存のために、自らを守る膜のようなものを出します。これをバイオフィルムといいます。

歯垢と成分は一緒なので、歯垢が薄く膜になったと捉えていただいていいと思います。

 

このバイオフィルムが、歯の表面に広くこびりつくことで「ぬるぬるしている」と感じるようになるのです。

少し汚いですが、排水溝のぬめりと似たような仕組みになっているのです。

 

歯のぬるぬるを放置する悪影響

歯のぬるぬる

歯のぬるぬるを放置するということは、細菌が多い状態を放置するということと同じです。

つまり、虫歯や歯周病のリスクが高まると言えます。

 

そして歯のぬるぬるを放置することで、ただちに起こる悪影響には、口臭があります。

いわば歯垢の膜が歯に張りついているような状態なので、イヤなニオイを発しやすくなるのです。

 

口臭が気になる方は、歯のぬるぬるを改善するところから試してみてもいいかもしれません。

 

歯のぬるぬるの対処方法

歯のぬるぬるを無くすためには、やはり正しい歯磨きしか方法はありません

 

毎日歯磨きをしているのに、ぬるぬる感が残っているという方は、おそらくブラッシングの仕方が正しくないのでしょう。

 

ちゃんと歯ブラシの毛先で、小刻みに磨けていますか?

爪で歯の表面をちょっとこすったとき、歯垢が付着するようなら、歯磨きはかなり不十分です。

 

1度鏡でゆっくり自分の歯ブラシの動かし方を確かめながら、ブラッシングをしてみてください。

自分の歯磨き方法の、改善点が見つかるかもしれません!

 

<関連コラム>

⇒ 毎日の歯磨きに役立ちます!効果的な歯磨きの方法 その①

⇒ 毎日の歯磨きに役立ちます!効果的な歯磨きの方法 その②

 

歯をつるつるにするクリーニングはセルフでできる?

歯医者に通っていると、クリーニングと称して、歯の表面をつるつるにしてもらえることがあります。

 

そのレベルのクリーニングがセルフで行えるのかというと、おそらく無理があります。専門家が、専門の機械を使ってやるからこそできるクリーニングなのです。

 

ただし、クリーニング後のつるつる感をどのくらい保っていられるかは、その後ご自身で行うオーラルケアにかかっています。

 

デンタルフロスなどを使って丁寧に歯垢を取り切り、クリーニング後の歯のつるつる感を、できるだけ長く維持しましょう!

 

まとめ

以上、歯のぬるぬるの原因や対処方法について、お伝えしました。

 

細菌にバイオフィルムを作らせないことが、歯のぬるぬるの予防になります。

 

ぜひ日頃からデンタルフロスなどを使った丁寧なオーラルケアを心がけ、口内をキレイに保っていてくださいね!

 

歯をぬるぬるさせないオーラルケアアイテムのことならオカムラまで!

PAGE TOP