デンタルフロスのオカムラ(OKAMURA)|高品質な歯ブラシ・歯間ブラシの製造・販売も行う、デンタルフロス関連製品の総合商社

Cooperation

コラムCOLUMN

2019.02.08

下がる歯茎を自力で戻すことは可能?| 予防のために出来ること

歯茎下がるイメージ

「昔より、見えている歯が縦に伸びている気がする!」という発見がキッカケで、自分の歯茎が下がっていることに気付く方が多くいらっしゃるようです。

 

“歯茎が下がる”ことが虫歯に直結している訳ではないですが、「痩せた歯茎を他人に見られることが恥ずかしい…」と見た目を気にして、自分で何とか歯茎を元の状態に戻せないか悩んでいる方が多く見受けられました。

 

そこで今回は、「いつの間にか下がってしまった歯茎を自力で元に戻すことは可能なのか」「そもそも歯茎が下がってしまう原因は何なのか」、そして「歯茎が(今以上なるべく)下がらないようにするためにどんなオーラルケアが有効なのか」、情報を一挙にまとめてみました。

 

下がる歯茎を自力で元に戻すことは、ほぼ不可能

進行した虫歯が自然治癒しないことと同様に、下がる歯茎を自力で元に戻すことはほぼ不可能です。

 

歯茎が下がりだしてから栄養管理に気を付けたり、オーラルケアに力を入れたりしても、1度下がった歯茎が元に戻る効果はほとんど得られません。(ただしカラダの健康や、虫歯の予防にはとてもいいことだと言えます。)

 

「下がった歯茎が元通りになる歯磨き粉がある!?」と思われている方も多いようなのですが、”歯茎に優しい・あるいは歯茎を守る効果が期待される歯磨き粉”は存在しても、歯茎を再生させる・下がった歯茎を上げる確実性がある歯磨き粉は、現状存在しません

 

こうした歯磨き粉を選ぶことで、歯茎にとって何らかのメリットはあるでしょうか、最近注目されているホワイトニング用歯磨き粉(研磨剤で歯の表面を少し削る歯磨き粉)と同じように、下がった歯茎の根本的な治療には結びつかないと考えておいたほうがいいと思います。

 

⇒ 歯磨き粉の選び方を詳しく知りたいならコチラ
※「今日からできる、歯磨き粉の選び方・使い方」のコラムへリンクしています。

 

歯茎が下がってしまう主な2つの原因

  1. 加齢により歯茎が下がる
  2. 歯周病によりの歯茎のハリが失われて下がる

 

下がった歯茎を自力で元に戻す方法が確立されていないからこそ、まずは歯茎を(今以上)なるべく下がらせないことがポイントであると言えます。

 

そのためにはまず、どうして歯茎が下がってしまうのか、原因を考えてみましょう。

 

歯茎が下がる主な理由は上記の2つで、残念ながら自分では致し方ない原因と、対処の余地がある原因があります。

 

【1】加齢により歯茎が下がる

年齢を重ねると、自然と歯茎は痩せていってしまいます。

 

これはどうしようもないことなので、年齢を重ねてきたら歯の見た目のことではなく、健康な歯を1本でも多く残すことに、オーラルケアの考え方の重点をシフトした方がいいのではないかと思われます。

 

【2】歯周病によりの歯茎のハリが失われて下がる

歯周病が進行すると、”歯をピッチリと支える引き締まった歯茎”ではなくなり、どんどんハリが失われていきます。

 

ただ、歯周病は正しいオーラルケアによって予防することが可能なため、これが原因の歯茎の退縮については自分で対処できるのです。

 

下がる歯茎の治療法と、自分でできる歯茎のケア方法

健康な歯茎イメージ

 

下がった歯茎の治療は、歯科医院で行うことができます。

 

行われる治療は、歯茎の下がり具合の程度や歯茎が下がってしまった原因に基づいて、適切な方法が選ばれます。

 

例えば、歯周病が原因であればまず歯周病の治療を、かみ合わせの悪さが関係していれば咬合治療を行います。

 

歯茎の下がり方が深刻であれば、歯茎を引き上げる手術や歯茎を移植する手術が行われることもあります。

 

いずれにせよ、歯茎を再生させることは簡単な治療ではないことは確かです。

 

つまようじの背や専用スティックを使ったマッサージで歯茎をケア

先述したように歯茎が下がってしまうことには、自分ではどうしようもない”加齢”も関係しています。

 

そのため完璧に防げるという訳ではもちろんありませんが、自分でできる歯茎のマッサージは、”歯茎の健康維持”すなわち歯茎の下がりを抑えることに繋がるとされています。

 

歯茎のマッサージはつまようじの背(とがっていない方)や、専用のスティックを使って行うことが一般的です。

 

手や足のツボ押しと同じ要領で、痛気持ちいい程度に歯と歯茎の境目あたりを刺激していきましょう。

 

歯茎の血流が促進され、歯茎にいい影響を与えるとされています。この「つまようじ法」に特化した歯ブラシも開発されているので、気になる方は調べてみてくださいね。

 

まとめ

以上、「下がる歯茎を自力で戻すことは可能なのか?」という疑問にお応えしました。

 

1度下がってしまった歯茎を自力で元に戻すことはほぼ不可能で、歯科治療をもってしても決して簡単ではありません。

 

加齢による歯茎の退縮は仕方がないとして、もう1つの歯茎が下がる原因である歯周病の予防に努めた方がよさそうです。

 

歯周病は、歯ブラシ・デンタルフロス・マウスウォッシュを併用した毎日のオーラルケアで防ぐことができます。

 

歯とともに歯茎の健康を維持するために、丁寧なオーラルケアを欠かさず行いたいですね。

 

 

歯茎が下がる原因の歯周病を予防するためのオーラルケアアイテムのことならオカムラまで!

PAGE TOP