デンタルフロスのオカムラ(OKAMURA)|高品質な歯ブラシ・歯間ブラシの製造・販売も行う、デンタルフロス関連製品の総合商社

Cooperation

コラムCOLUMN

2019.09.12

歯磨きが不要ってホント!?歯磨きは本当に必要なのか

毎日当たり前のように行っている、朝・昼・晩の歯磨き。

 

マウスウォッシュなど容易に使用できるデンタルケアも登場し、歯科技術が発達した現代では、「もはや歯磨きは不要なのでは!?」と思われる方もいらっしゃるようです。

 

今回は、歯磨きは本当に必要なのかに迫ります。

 

歯磨きは不要?歯磨きは本当に必要あるのか

歯磨き粉

はじめに答えを言ってしまうと、残念ながらと言いますか「歯磨きは必要」です。

 

確かにデンタルケアグッズは進化しており、虫歯菌の増殖を抑えるマウスウォッシュや、特殊加工されたデンタルフロス、虫歯になりにくいフッ素配合の歯磨き粉などさまざまな新商品が、数十年前に比べると増えてきました。

 

 

ただ、虫歯の根本原因となるプラーク(歯垢)を除去するためには、未だ「歯磨き」に代わる画期的な商品は発明されていません。

 

デンタルケア商品の性能は上がっているものの、歯の健康のためには歯磨きは必要というのが現状でしょう。

 

食後の歯磨きをいつ行うのが正しいのか知りたい方はコチラの記事へ

 

歯磨きは必要だが、正しいデンタルケアはもっと必要

デンタルケア 用品 一覧

巷で、「歯磨きは不要なのでは?」という話が出がちなのは、「間違った歯磨きをするなら意味がない」ということで話が出ているようです。

 

確かに、いくら歯磨きを行っても、ただ名目だけ行っているだけで、「口内からプラークの除去」ができていないのであれば、歯磨きの意味はありません。

 

 

そこで重要なのは、プラークを除去し、細菌を増殖させない正しいデンタルケアです。

正しいデンタルケアを実施するには、歯ブラシ・デンタルフロス・マウスウォッシュの3つによるケアが重要です。

それぞれが、下記違った役割を果たすことで、歯の健康を守る可能性を高めます。

 

1. 歯ブラシで歯科医院指導の正しいブラッシングを行う:歯の表面や、歯と歯茎の間のプラークを除去する

2. デンタルフロスで歯間のプラークを除去する:歯ブラシでは届かない歯間で増殖するプラークを除去する

3. マウスウォッシュで口をゆすぐ:虫歯や歯周病などの病原菌を殺菌・コーティングにより繁殖しにくくする

 

歯ブラシによる正しい歯磨きはもちろんのこと、その他のデンタルケアグッズも利用しながら、正しいデンタルケアを実施し、総合的に口内環境の向上を目指すことが重要でしょう。

 

デンタルフロスの効果についてもっと知りたい方はコチラの記事へ

マウスウォッシュの使い方について詳しく知りたい方はコチラの記事へ

 

正しい歯磨きは歯科医院で指導を受けよう

歯科 施術

正しい歯磨きの方法については、多くの歯科医院が自身のホームページサイトなどで紹介しています。

ただ、文字上では、歯磨きの強さや、歯ブラシ毛先と歯の接触度合いなど、実感として感じなければわかりにくい所があります。

 

「正しいと思っていた歯磨きの方法が、実は間違っていた」とうことはよくあるので、歯科医院で正しい歯磨きの方法をレクチャーしてもらうことをおすすめします。

 

 

日本では、歯科医院へは口内にトラブルが起こってから行くイメージがありますが、北欧を中心に世界では、頻繁に検診へ出かけて事前にトラブルを防ぐのが当たり前です。

 

日本でももちろん、口内トラブルが起きていない段階で定期健診を受け、デンタルケアの指導を行ってもらうことができます。

 

 

歯の健康を守るのに大切な、毎日の歯磨きですので、ぜひ一度歯科医院で検診を受けてみましょう。

 

歯磨きは不要じゃない!正しいデンタルケアで口内トラブルを防ごう

口内のトラブルを防ぐためには、やはり歯磨きは必要不可欠です。

 

フッ素配合の歯磨き粉、デンタルフロスやマウスウォッシュなど最新のデンタルケアグッズも併用しながら、虫歯や歯周病の発生を未然に防ぎましょう!

 

 

特殊加工を施したデンタルフロスや、オリジナル歯ブラシのことならオカムラまで!

PAGE TOP