デンタルフロスのオカムラ(OKAMURA)|高品質な歯ブラシ・歯間ブラシの製造・販売も行う、デンタルフロス関連製品の総合商社

Cooperation

コラムCOLUMN

2019.10.31

歯の着色汚れを落とす方法とは?ホワイトニングしなくても落とせる

歯 ヤニ 汚れ

歯の黄ばみや黒ずみを引き起こす、”頑固な着色汚れ”

 

汚れた歯は相手に不潔なイメージを与えるため、「なんとしても着色汚れを落としたい!」という方もいらっしゃるでしょう。

 

 

今回は、歯の着色汚れの落とし方や、そもそもなぜ着色汚れが起きるのかをお伝えします。

 

着色汚れを引き起こす食べ物について知りたい方はコチラの記事

 

家でできる歯の着色汚れの落とし方とは

着色汚れ 歯 きれいになる

家でできる歯の着色汚れの落とし方は、基本的にはやはり”歯磨き”が重要となります。

 

後ほど紹介しますが、着色汚れに強い有効成分を配合した歯磨き粉が登場してきているので、そういった美白系のデンタルグッズを活用すると、ある程度の着色汚れは落とすことができます。

 

つぶつぶ歯磨き粉はよくない?

家でできる歯の着色汚れのケアで、まず一番最初に思い浮かべるのは、つぶつぶの粒子が含まれた歯磨き粉ではないでしょうか?

 

つぶつぶの研磨材が含まれた歯磨き粉は、一時期「着色汚れが落とせる」からとブームになりました。

 

しかし、その後、歯の表面組織「エナメル質」よりも硬い研磨材が、歯を傷つけるという点が問題視されるようになりました。

 

現在でも、もちろんつぶつぶの研磨剤入り歯磨き粉はありますが、研磨剤が柔らかいものが登場しており、つぶつぶの良い部分を残しながら、他の有効成分と組み合わせて着色汚れを落とすものが出てきています。

 

歯の着色汚れを落とす有効成分をきちんと確認しよう

現在では、着色汚れを落とすために、下記の特徴がある歯磨き粉などのデンタルケアグッズが登場しています。

 

美白系のデンタルケアグッズの中には、どういった仕組みで着色汚れの解消が見込めるのかよくわからない製品もでまわっているので、きちんと有効成分や着色汚れが落ちるメカニズムを確認してから、デンタルグッズを選びましょう。

 

  • ステインを落とす分割ポリリン酸ナトリウム配合
  • 歯の主成分であるハイドロキシアパタイト配合
  • ヤニ汚れを落とすポリエチレングリコール400配合
  • 土台ごと取り除く弱アルカリ性のペースト など

 

■ステインを落とす分割ポリリン酸ナトリウム配合

分割ポリリン酸ナトリウムは、茶渋などの着色汚れステインの汚れを浮かせてはがします。

 

歯の表面エナメル質の主成分をつくっている、リン酸が結合している分子のため、歯の表面を強化し、ステインの再付着を防ぐ効果も期待できます。

 

■歯の主成分であるハイドロキシアパタイト配合

歯の主成分であるハイドロキシアパタイトは、歯の白さを決める歯表面であるエナメル質を形成する成分です。

 

直接的に着色汚れを落とすというよりは、分割ポリリン酸ナトリウムなどと一緒に配合されて、健康的なエナメル質の修復を促すことが期待されます。

 

■ヤニ汚れを落とすポリエチレングリコール400配合

着色汚れを起こしやすいタバコのヤニを熔解する成分が、ポリエチレングリコール400です。

 

タバコ喫煙者の方は、こちらが配合された歯磨き粉を使用すると有効的に除去できるでしょう。

 

■土台ごと取り除く弱アルカリ性のペースト

後ほどメカニズムのパートで詳しく説明しますが、着色汚れは歯のエナメル質に付着しているペリクルと呼ばれるたんぱく質に着色物質が結合することで発生します。

 

弱アルカリ性はタンパク質を加水分解してくれるため、ペリクルの土台にアプローチして着色汚れを除去できるのです。

 

 

このように、一言に美白系の歯磨き粉を言っても仕組みや強みに違いがあるので、しっかりと内容を確認してから、信頼できる商品をいつものデンタルケアに取り入れましょう。

 

また、歯のスキマまできちんと白くするよう、デンタルフロスの併用や、マウスウォッシュも活用するとさらに着色落としの効果が期待できます。

 

正しいデンタルケアの方法について、もっとよく知りたい人はコチラの記事

 

歯科医院での着色を落とす方法とは

「家でのケアでは着色汚れが落としきれなかった・・・」という方は、歯科医院で着色汚れを落としてもらう治療を受けることができます。

 

歯科医院で着色汚れを落とすにはPMTC

歯科医院で着色汚れを落とす=ホワイトニングと思われる方がいらっしゃいますが、まずはPMTCという方法で除去を図ります。

 

PMTCとはプロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニングの頭文字をとった略語で、歯科医院専用の機械や研磨剤を使用して着色汚れや歯石を除去する治療法を言います。

 

ホワイトニングと違って、厚生労働省から「かかりつけ歯科機能強化型歯科診療所」に認定されている歯科医院で受診した場合、保険適用でPMTCを受けることができます。

 

そのため、高額なホワイトニングに比較すると、治療費を押さえて着色汚れの除去を図れます。

 

まずは、PMTCを試してみてから、どうしても落ちない根強い着色汚れには、ホワイトニングを検討するとよいでしょう。

 

PMTCをはじめ、予防歯科についてでもっとよく知りたい人はコチラの記事

 

そもそも歯に着色汚れが起こるメカニズムとは?

歯 食べ物 汚れる

そもそも、歯に着色汚れが起こる原因は、ポリフェノールを含む食品やたばこのヤニなどの色素が歯に付着することでは発生します。

 

歯の表面には、唾液中に含まれる糖たんぱく質によって「ペリクル」と呼ばれる膜が形成されています。

 

そのペリクルと、主に色素物質がイオン結合などで吸着されることによって、歯への着色が発生し、黄ばみや黒ずみなどの色素沈着につながるのです。

 

着色だと思っていた!着色が原因ではない歯の黄ばみとは

歯が黄ばんでいると「着色汚れが原因?」と思い込んでいる人もいるようですが、歯の黄ばみは着色汚れ以外にも下記により発生します。

  • エナメル質が研磨されたことでの黄ばみ
  • 歯垢による黄ばみ
  • 生まれながらエナメル質が薄いことでの黄ばみ
  • 加齢による黄ばみ 

歯垢による黄ばみについては、ケアによって改善が見込めますが、その他のエナメル質由来や、加齢による黄ばみについては、ホワイトニング以外のケア方法では歯を完全に白くすることは難しいようです。

 

「本当に着色が原因で、歯に黄ばみや黒ずみが発生しているのか」という点も押さえながらケアを行っていきましょう。

 

歯に着色する前に予防をしっかりと行おう

ポリフェノールを含む食べ物や、たばこのヤニなどによって発生する歯への着色汚れは、デンタルケアによって改善が見込めます。

 

ただ、着色汚れの度合いによっては、完全に元の白い歯に戻すことは難しく、高額なホワイトニングが必要になるケースもあるようです。

 

着色汚れが発生する前に、美白系の歯磨き粉やデンタルフロスを正しく使用しながら、着色汚れを日常生活で防ぐよう心がけましょう。

 

デンタルフロスなどデンタルケアグッズのことならオカムラまで!

PAGE TOP