デンタルフロスのオカムラ(OKAMURA)|高品質な歯ブラシ・歯間ブラシの製造・販売も行う、デンタルフロス関連製品の総合商社

Cooperation

コラムCOLUMN

2015.05.26

デンタルフロスとは?100年の老舗メーカーからのご紹介

デンタルフロスとは?

デンタルフロスってご存知でしょうか?デンタルフロスとは、歯間の歯垢や食べかすを除去して清掃するための細い糸のことです。糸は、ただの糸ではありません。材料は細かい繊維で作られていて、歯間や歯周ポケットに溜まった汚れやプラークも除去できます。


海外映画やドラマをよく見ている方はデンタルフロスを使っているシーンなんかを見られたことがあるかもしれません。デンタルフロスは海外だと日常製品で、欧米の人々の間では当たり前のように毎日使われています。使わないと眠れない人までいるらしいですよ!それだけ、オーラルケアの意識が高いということになります。


歯ブラシでは、歯の間の汚れが除去できません。そこでデンタルフロスを使うことによって、歯の周囲(一周)を綺麗に清掃することができます。

 

 

海外ではデンタルフロスは当たり前!

 

歯ブラシだけでは、細かい部分の清掃がなかなか出来ません。10~15分かけて完璧に磨けたと思っていても実際に汚れが残っています。これは、日本人の成人の8割が歯周病に侵されているという事実からも分かります。日本人は1日平均2.5回歯を磨くのですが、欧米の方は1日平均1.2回しか磨きません。それでも、日本では歯周病率が高いのです。

 

アメリカでは「フロスを使うか?もしくは死ぬか?」というキャッチコピーで、デンタルフロスを使用することを国民に奨励しています。歯周病菌は人体に様々な病気を引き起こす原因となると言われています。ですので、口内を清潔にすることで疾病患者が少なくなり、医療費も抑えることにつながるのです。アメリカがデンタルフロスを勧めている理由が分かります。

 

また、デンタルフロスを使うことによって、美に対して気を遣っている、良い家の出であるというイメージも海外ではあるようです。これによって信用性も違ってくると思うと、デンタルフロスを使ってみようかなぁと思いませんか?

 

デンタルフロスを歯ブラシと併用することで、口内の清掃率はグンっとアップします。これに、マウスウォッシュを組み合わせると完璧です。

 

(歯周病に罹患している方は、歯肉が炎症を起こしているためブラッシングの刺激で出血することもあります。ですが、歯肉周辺を清潔にすることで歯肉の炎症は改善し健康な歯肉を取り戻します。出血している間は、柔らかい歯ブラシを使用し、不必要に歯肉を傷つけないようにやさしくブラッシングを行って下さい。)

 

 

ぜひデンタルフロスを使ってみて下さい!

 

デンタルフロスの使い方は簡単で、しかも種類は色々ございます!自分にピッタリ合ったデンタルフロスも絶対に見つかりますので、一回使ってみたらいかがでしょうか。デンタルフロスを使った後のスッキリ感を一回味わったらもうやめられません。だから、使わないと眠れない人も出てくるんですね。歯ブラシだけでは磨いた感じがしなくなります。

 

次回は、デンタルフロスの使い方・効果・種類・選び方などをご説明させて頂きます。

PAGE TOP