デンタルフロスのオカムラ(OKAMURA)|高品質な歯ブラシ・歯間ブラシの製造・販売も行う、デンタルフロス関連製品の総合商社

Cooperation

コラムCOLUMN

2015.07.21

口臭と虫歯を予防できる、デンタルフロスの魅力とは?

そもそも、口臭の原因とは

 

まず、口臭の原因は、歯と歯の間に食べカスやバクテリアがたまり、歯周ポケットに入ってしまい、そのまま腐ってしまうことにより起こります。歯ブラシ、歯間ブラシ、フロスピックでは一時的にはリフレッシュするものの、歯周ポケットには届きません。

 

また、ガムを噛んだり、スプレーをしたり、さまざまな口臭予防がありますが、それはあくまで一時的な対処法といえるでしょう。こちらもある程度口はリフレッシュするものの、根本的な解決にはなっていないのです。

 

 

口臭の予防には、デンタルフロスが効果的

 

デンタルフロスなら、食べカスなどがたまっている歯周ポケットまで届き、くさいところを取り除いてくれます。つまり、歯周ポケットに届くから、しっかり歯垢が取り除ける。しっかり歯垢を取り除けるから、口臭を予防・軽減できる、というわけです。さらに、糸にフレーバー付きのデンタルフロスなら、リフレッシュした状態を長くキープできるのでオススメです。

 

ミント味やイチゴ味、バニラ味など、デザートを楽しむような感覚で使うという方も、海外では多くいらっしゃいます。

 

 

海外ではあたりまえ。デンタルフロスで口臭を防ぐこと

 

海外でデンタルフロスは、日本のブレスケア用のガムみたいなもの。

 

ブレスケア用のガムも日本ではいろんな味がありますよね。それが海外だとガムではなく、デンタルフロスが主流で、いろんな味があるんです。食後にガムを噛むように、デンタルフロスでケアします。アメリカやヨーロッパでは、デンタルフロスを使う文化が浸透しているため、彼らが日本へ旅行に来ると「デンタルフロスが売っているところが少ないから困る」という声もあるほどです。

 

 

 

さらに、虫歯も予防する

 

デンタルフロスは、ドライマウスの方などの虫歯予防にも効果的です。

 

ドライマウスとは、唾液の分泌量が減り口の中が乾燥する状態のことをいいます。そして、唾液が出ないと虫歯になりやすいんです。なぜかというと、プラークなどを歯に付着しにくくしてくれているのが唾液がだからです。つまり、ドライマウスだとプラークが歯の表面に付着しやすくなり、虫歯になる場合が多いのです。

 

そこで、フレーバー付きのデンタルフロス。テンダルフロスに味をつけることによって、唾液を出やすくする。そして、プラークを歯に付着しにくくし、虫歯を予防してくれます。

 

 

いま口臭やドライマウスでお悩みの方も、デンタルフロスをはじめることで解決するかもしれません。安心してつづけていただければ、歯もきれいになって、歯周病も予防できます。ぜひ一度、デンタルフロスを試してみてください。

 

弊社のデンタルフロス製品ラインナップ

 

PAGE TOP