デンタルフロスのオカムラ(OKAMURA)|高品質な歯ブラシ・歯間ブラシの製造・販売も行う、デンタルフロス関連製品の総合商社

Cooperation

コラムCOLUMN

2015.10.01

ぜひ知っておいてほしい、デンタルフロスを毎日続ける大切さ

今回は、デンタルフロスを日頃から使いつづける大切さについてお話ししたいと思います。

 

以前からこのコラムでもお話ししてこともありますが、なぜデンタルフロスを毎日使わないといけないのかということを、さらに踏み込んで具体的にご紹介します。

 

 

 

デンタルフロスを使わないと、大切な歯はどうなってしまうのか?

 

はじめに、「デンタルフロスを使わなかったら、歯はどんな状況になるのか」ということをご説明します。

 

まず、一つの歯は、表面が5つあることをご存知でしょうか?前、後ろ、左、右、上の面です。この5つの面は、ふつうの歯ブラシですべて掃除することはできません。前と後ろと上の面をきれいにすることはできても、残りの2つ、つまり歯と歯の間には届かないからです。

 

歯と歯の隙間にたまったプラークをそのままにしておくと、歯垢となって固まってしまい取れにくくなります。プラークや歯垢を放っておくと、歯肉炎になり歯茎が腫れてしまいます。さらに歯肉炎から歯周病になり歯茎が痩せてしまい歯茎の中の骨もだんだん痩せていき、歯が揺れ、やがて大切な歯を失ってしまうのです。

 

 

 

歯ブラシ+デンタルフロスで口内ケアを!

 

しかし、たとえ歯茎が痩せたとしても、また歯茎を健康な状態に戻すことができたら、歯の揺れを止めることができます。そのとき、歯ブラシだけではなく、デンタルフロスを使うのはとても大切です。つまり、歯ブラシとデンタルフロスを両方使って口内ケアをするということです。

 

歯茎は一度痩せてしまったら戻らないのですが、口内ケアをしっかりすることで歯の揺れを止め、歯を防ぐことはできます。また、一度歯周病になってしまうと、それ以上悪くならないよう現状をキープすることが大切になります。

 

 

 

デンタルフロスで、素敵なスマイルをキープしよう!

 

日頃から歯茎のケアをして土台を固めることで歯の揺れをなくすには、歯ブラシ+デンタルフロスが必要です。

 

いつまでも若々しいスマイルをキープするためには、歯ブラシだけでは不十分です。素敵なスマイルをキープするために、ぜひデンタルフロスをお使いください。

 

デンタルフロスをしないことで歯肉炎や歯周病になってしまうなんて、もったいないと思いませんか?逆にいえば、デンタルフロスを毎日続けるだけで、虫歯はもちろん歯肉炎や歯周病も防げるかもしれないのですから。デンタルフロスを使って、素敵なスマイルで毎日を過ごしませんか。デンタルフロスを選ぶなら100年老舗メーカーの株式会社オカムラへ

PAGE TOP