デンタルフロスのオカムラ(OKAMURA)|高品質な歯ブラシ・歯間ブラシの製造・販売も行う、デンタルフロス関連製品の総合商社

Cooperation

コラムCOLUMN

2015.10.01

デンタルフロスを使う際の注意点とは

デンタルフロスは、間違った使い方をしてしまうと使いづらく、また、効果を発揮できない場合があります。そこで今回は、デンタルフロスを使うときに心がけてほしい注意点をご紹介します。

 

 

 

注意点1:一回分のデンタルフロスの糸を長めにとる

 

まず、デンタルフロスを使うときの注意点は、デンタルフロスの糸の長さです。

 

デンタルフロスを使う際には、まず糸をケースから取り出して中指に巻きます。そのとき、とった糸の長さが短いと、奥歯のほうがすごくやりにくくなってしまいます。また、デンタルフロス自体が手からすべってしまい使いにくくなりますので、糸の長さは十分確保することをおすすめします。

 

具体的には、合計で約1m程度あれば良いかと思います。約40cm分を下の歯に、あとの約40cm分を上の歯に、という具合に使います。歯間部の同じところに2回程、糸を通したらまた新しくキレイな箇所を使うというように、十分な長さをとることできちんと口内ケアができるようになります。

 

 

 

注意点2:すべての歯間部にデンタルフロスを通す

 

デンタルフロスに対して「食後に食べカスを取り除くための物」というイメージを持っていませんか?しかし実際はそうではありません。食べカスが残った部分だけにデンタルフロスの糸を通すだけではあまり効果が得られませんので、ご注意ください。しっかりとすべての歯間部にデンタルフロスの糸を通してこそ、効果が得られます。

 

 

注意点3:就寝前にデンタルフロスを使うと効果的

 

また、就寝時は唾液が少なくなっているため、プラークがたまりやすい状況であることご存知でしょうか?歯に接着したプラークは、やがて歯石になります。歯石の原因であるプラークがたまりやすいのは食後や就寝前なので、その時間帯にデンタルフロスを使うと効果的です。

 

 

 

注意点4:歯の表面や歯周ポケットにも糸を通す

 

デンタルフロスは、単に食べカスを取り除くためだけの物ではありません。プラークや歯周病予防といった全体的な口内ケアをするための道具です。

 

歯と歯の隙間だけではなく、歯の表面もデンタルフロスで磨くということも大切です。また、歯周ポケットには、歯茎の線の2mmぐらい下までデンタルフロスの糸を通しケアを行うことをおすすめします。

 

歯間ブラシ、フロスピック、歯ブラシには絶対に届かないところに届く。それがデンタルフロスです。せっかくデンタルフロスを使っている以上は、ぜひ効果的な口内ケアを実践してみてください。

 

また、これまでのやり方を少し見直すことによって、デンタルフロスがより使いやすくなります。どうぞ、お試しください。→ デンタルフロスを選ぶなら100年老舗メーカーの株式会社オカムラ

PAGE TOP