デンタルフロスのオカムラ(OKAMURA)|高品質な歯ブラシ・歯間ブラシの製造・販売も行う、デンタルフロス関連製品の総合商社

Cooperation

コラムCOLUMN

2015.12.14

知ってますか?歯ブラシの交換時期について ①

いま使っている歯ブラシの交換時期は?

 

歯ブラシを、どれくらいの期間で交換していますか?交換時期はいつにしていますか?

 

毛先が曲がったら?毛先が広がったら?いいえ。単に歯ブラシの見ための状態で交換するのではなく、きちんと期間を決めて交換するほうがいいんです。

 

今回は、そんな歯ブラシの交換時期にまつわるお話をさせていただきます。

 

 

歯ブラシの毛先が広がらなくても交換は必要

 

オーラルケアの先端の情報を発信しているアメリカンデンタルアソシエーションは、交換時期として3ヵ月ごとに歯ブラシを交換することをおすすめしています。

 

しかし、ほとんどの人は、その3ヵ月という期間を無視して、「歯ブラシの毛が広がったら交換時期」というケースが多いのではないでしょうか?

 

実は、歯ブラシの毛が広がらなくても、歯ブラシは使えば使うほど毛の強度が弱くなっていくものです。毛先が歯の表面に直接あたることで、歯を磨くということが効果的にできるのですが、だんだんプラークや残った食べカスが取れにくくなります。

 

 

おすすめの交換時期は1ヵ月

 

アメリカン・デンタル・アソシエーションは、3ヵ月ごとに歯ブラシを変えることを推奨していますが、実は日本の歯科衛生士がおすすめしている交換時期は1ヵ月なんです。なぜなら、問題は毛先の問題だけではなく、歯ブラシの毛そのものにバクテリアやばい菌が接着してしまうためです。

 

バクテリアやばい菌は、水で洗っても取れません。そのため、だんだんバクテリアが集積してしまいます。また、歯ブラシは洗ったあとにきちんと乾かさないとバクテリアが増えてしまい、その歯ブラシで歯を磨くとまたばい菌が口の中に…。そして、ばい菌はまた歯ブラシの毛にもからまります…。

 

毛先がダメになっていなくてもばい菌が増えてくるため、できるだけ短めの呼応間時期を設定するのがおすすめ、というわけです。

 

 

高い歯ブラシを使うより、頻繁に交換することが大切

 

市販の歯ブラシの中でも、毛がとても特別な材質であったり、殺菌効果があるものもあります。そのような歯ブラシは値段も少し高めになりますが、実は歯科衛生士がおすすめしているのは、値段の高い歯ブラシではなく、ふつうの値段の歯ブラシです。ごく一般的な値段の歯ブラシを使い、頻繁に交換したほうが効果的だということです。

 

歯ブラシはの毛は、柔らかめがおすすめ

 

歯ブラシの毛のかたさは、歯茎を傷つけないためにも柔らかめがおすすめです。また、食後すぐに歯磨きをする場合は、口の中で唾液がpHマイナスになっているため、かたい毛の歯ブラシを使うとエナメルを傷つけることが多いからです。

 

 

次回もひきつづき、歯ブラシの交換時期についてお話しします。よりよいオーラルケアのご参考に、ぜひお読みください。

PAGE TOP