デンタルフロスのオカムラ(OKAMURA)|高品質な歯ブラシ・歯間ブラシの製造・販売も行う、デンタルフロス関連製品の総合商社

Cooperation

コラムCOLUMN

2016.01.18

とびきりの笑顔は、舌の健康から!

ステキな笑顔は、ピンクの舌から!

 

舌のケア、できていますか?

 

白い歯とピンクの舌は、健康的な笑顔には欠かせません。今回は、そんな大切な舌についてお話ししたいと思います。

 

写真にうつるときなどに、舌を出してポーズをとる人がいますよね。しかし、その舌が白かったら…。やはり少し恥ずかしいですし、写真にはうつりたくないものです。

 

 

どうして舌は白くなるのでしょう?

 

舌が白くなる原因は、微生物なんです。舌の上で、細菌や酵母が通常より増えると舌が白くなってしまいます。微生物というと、考えるだけで少しゾッとしてしまいますが、微生物そのものはふつうに舌の上に存在するものなんです。

 

しかし、口内環境や全体的に体に変化が起こり、バランスが崩れると細菌や酵母が増え、舌が白くなるというわけです。

 

 

オーラルケアが足りない

 

舌の上で細菌や酵母が増えるもう一つの原因としては、オーラルケアが足りていないということが挙げられます。普段から歯磨きが雑であったり、デンタルフロスや舌クリーナーをきちんと使っていないと、だんだん細菌が増えていき、舌が白くなります。

 

さらに、もう一つ考えられるのは、ストレスです。ストレスにより、体のバランスが崩れるため、細菌と酵母が増えてしまいます。

 

また、食生活が偏っているということも原因の一つです。同じものばかり食べたりとか、ジャンクフードばかり食べたりとか、です。それは口臭の原因にもなり、全体的に口の健康のバランスを崩してしまうことにつながります。

 

お薬を服用している方も気をつけてください。お薬は、ドライマウスを引き起こす可能性があります。ドライマウスになると、また微生物が増えやすくなってしまいます。同じく、お酒もタバコもドライマウスを引き起こし、舌に悪影響を与えます。

 

 

舌の健康を取り戻すには?

 

これらが舌を白くする原因なのですが、この問題を解決するにはどうすればいいか。それは、もしかしたら簡単に治せるかもしれません。

 

・重曹(炭酸水素ナトリウム)

 

まず、おすすめしたいのが、炭酸水素ナトリウム。重曹とも呼ばれ、一般的にはベーキングソーダと呼ばれています。パンダー状になっているのですが、水に混ぜて舌につければOKです。殺菌効果あり、肌にもよく、痛み止めにもなったりと、舌だけではない効果もあるといわれています。こちらを1日に1回〜2回程度行います。

 

・レモンジュース

 

生野菜や果物の食べる量を増やすこともおすすめです。野菜やフルーツで水分補給することにより、体を全体的にきれいにしてくれます。なかでも、レモンはぜひお試しください。レモンジュースにして飲むことで、細菌の増加を防ぐ効果があります。

 

・ガーリック

 

意外かもしれませんが、ガーリックも効果的です。ガーリックは実は、自然な抗生物質なんです。ガーリックに入っている成分が、バランスの崩れた体のバイ菌を除去してくれる効果があります。使い方はいたって簡単。舌にガーリックを2〜3回程度こするだけです。

 

・ヨーグルト

 

最後にもう一つ。それは、ヨーグルトです。ヨーグルトに入っている乳酸菌が、口の微生物をバランスのとれた状態にもどしてくれる効果があります。乳酸菌は、口だけではなく、腸の健康にも効果的です。

 

 

今回ご紹介した舌の健康にいい食べ物を試していただきながら、もちろん舌クリーナーもお忘れなく。舌の健康を取り戻し、最高の笑顔で写真にうつりましょう。歯の健康、舌の健康のことならデンタルフロスのオカムラにお任せください。

PAGE TOP