デンタルフロスのオカムラ(OKAMURA)|高品質な歯ブラシ・歯間ブラシの製造・販売も行う、デンタルフロス関連製品の総合商社

Cooperation

コラムCOLUMN

2016.04.01

ステキな笑顔をキープするためにおすすめしたいオーラルケア

 

若さは笑顔から!そう思いませんか?そして、素敵な笑顔には、健康的な歯が大切。

 

いつまでもキラキラとした笑顔をキープするために。今回は、おすすめのオーラルケアをご紹介します。

 

 

食べ物に注意したり、ストレスを発散するのもオーラルケア

 

  • 毎日、歯磨きをする。
  • デンタルフロスをする。
  • 定期的に歯医者さんに行き、口の状態を確認してもらう。

 

これらは、とても良いオーラルケアですが、ほかにもこんなオーラルケアが効果的です。それは、以前ご紹介した歯によくない食べ物に注意したり、歯ぎしりを予防するためにきちんとストレスを発散することです。これらもとても効果的なオーラルケアといえるでしょう。

 

ちなみに、歯ぎしりをするようになってしまうと、歯が削られてしまって、歯の形が変わってしまいます。それでは、見た目にもよくありませんよね。

 

 

やっぱり大切、デンタルフロスを毎日つづけること

 

年齢を重ねていくと、顎と下顎の骨がやせていきます。骨がやせると、歯茎のラインもだんだん低くなっていき、歯周病だけではなく、歯を失うことにつながります。また、歯がグラグラと動きはじめます。口の中でグラグラし、徐々にひどくなっていき、最終的に歯がとれてしまいます。

 

そうならないためにも、毎日のデンタルフロスがとても大切です。歯ブラシだけでは不十分ですので、デンタルフロスも毎日つづけることをおすすめします。

 

 

予防のために、定期的に歯医者さんへ

 

最後に、定期的に歯医者さんに行くことも大切なオーラルケアになります。それは、歯を治すためではなく、歯の状態をチェックしてもらうためです。歯医者さんに行く目安としては、3ヵ月に一回程度でよいでしょう。

 

そして、プラークや歯垢がたまったらスケーリングをやってもらうのもよいでしょう。歯が痛くなってからでは遅いのです。というのも、それはすでに口腔内に問題が起こってしまっているため、歯に問題が起こってから治療をするよりも、問題が起こらないように予防をすることが大切です。

 

予防のために歯医者さんへ行くほうが、費用も安くすみます。薬を使う必要がありませんし、痛みもない。時間をかけて治療するというより、毎日少しずつ自分の歯をケアする時間をつくるということです。

 

 

たとえば、肌は年をとればとるほど、シワやたるみ、シミなどが出てきますよね。それと同じで、年齢を重ねると歯にも変化が起こります。歯で年齢がわかります。つまり、笑顔からも年齢がわかるということ。だからこそ、毎日お肌にするように、歯にもセルフケアが必要です。

 

今回ご紹介したオーラルケアを、ぜひ実践してみてはいかがでしょうか。

 

→デンタルフロスを選ぶなら100年老舗メーカーの株式会社オカムラ

PAGE TOP