デンタルフロスのオカムラ(OKAMURA)|高品質な歯ブラシ・歯間ブラシの製造・販売も行う、デンタルフロス関連製品の総合商社

Cooperation

コラムCOLUMN

2016.08.31

白い歯だって油断できない!隠れ虫歯を予防しよう

白い歯にもひそむ、隠れ虫歯は危険!

 

みなさんは、隠れ虫歯をご存知ですか?

 

多くの人は、虫歯といえば黒くて痛いものだけと考えており、見ためで分かる虫歯になってはじめて歯医者さんへ行くのではないでしょうか。

 

しかし、黒い虫歯ではなく、単に見ただけでは気づかない「隠れ虫歯」が危険だと言われています。

 

隠れ虫歯とは、歯に白いホワイトスポットのようなものができ、黒くはなっていないけど歯のミネラルが溶けだしている状態のことをいいます。

 

ホワイトスポットとは、歯の表面にできる白くて明るいものなのですが、とても小さくて目で見ただけではなかなか気づくことができません。したがって、パッと見では虫歯とは無縁のように思える真っ白い歯でも、隠れ虫歯になっている可能性があります。

 

残念ながら最近では、隠れ虫歯になっている人が増えてきていると言われています。

 

 

唾液の減少が隠れ虫歯の原因

 

隠れ虫歯になりやすい人の特徴には、唾液が少ないことがあげられます。

 

たとえば、お酒をたくさん飲むと口の中の唾液が少なくなります。また、早食いしたり、間食したり、柔らかい食べ物をよく食べることも、唾液を少なくする原因になるため注意が必要です。

 

なぜ唾液が少ない状態だと隠れ虫歯になりやすいかというと、口の中の唾液が少ないと口腔内のミネラルのバランスが崩れやすくなるからです。

 

逆に唾液が多い人は、糖質のものを食べて歯からミネラルが溶けだしても、唾液に含まれているミネラルで補えるため、隠れ虫歯になりにくいのです。

 

 

よく噛むことで隠れ虫歯を予防

 

したがって、隠れ虫歯を予防するためには、唾液を確保することが大切になります。

 

例えば、キシリトール入りのガムを噛む。または、歯ごたえがある食事を心がけるなどです。よく噛む食事をすることで、唾液を増やすだけでなく、歯にミネラルが戻りやすい環境をつくることができます。

 

また、ストレスや睡眠不足が原因で唾液が少なくなることもありますので、規則正しい生活をすることも大切です。

 

もちろん、それに加えてデンタルフロスをはじめとする、毎日のオーラルケアも欠かさずに行っていただければさらに効果的です。

 

 

3ヵ月に1度は歯医者さんへ通うのがおすすめ

 

とはいえ、隠れ虫歯を自分で見つけることは難しいので、3ヶ月に1回くらいのペースで歯医者さんに通うことをおすすめします。

 

ちなみに、隠れ虫歯が発生しやすい箇所は、歯と歯の間です。デンタルフロスをしたときに、何かがひっかかる感触があれば要注意です。この状態は、隠れ虫歯か歯石がたまっているかのどちらかだからです。

 

 

隠れ虫歯の予防にも役立つデンタルフロスのことなら、100年老舗メーカーの株式会社オカムラにお任せください。

PAGE TOP