デンタルフロスのオカムラ(OKAMURA)|高品質な歯ブラシ・歯間ブラシの製造・販売も行う、デンタルフロス関連製品の総合商社

Cooperation

コラムCOLUMN

2016.11.28

F字型デンタルフロスのメリットについて~前歯向き~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デンタルフロスが開発された後、さらに使いやすくするためにデンタルフロスをホルダーに装着したものが開発されました。

 

この記事では、デンタルフロスが持ちにくい・使いにくいというお悩みを改善するために開発されたF字型のデンタルフロスの特徴やメリットについてご紹介いたします。

 

 

国内のデンタルフロスはF字型から普及した!?

 

F字型のデンタルフロスのように、ホルダーにデンタルフロスが取り付けられたものを、海外ではフロスピックとも呼びます。

 

日本では糸ようじという呼ばれ方をされることが多いです。

 

 

欧米では1番始めに巻き型のデンタルフロスが普及しましたが、実は国内では、使いやすそうなF字型のデンタルフロスが、巻き型のデンタルフロスよりも先に普及したのです。

 

そしてF字型のデンタルフロスに慣れた人が、通常の巻き型のデンタルフロスも使い始めて、現在に至ります。

 

 

<デンタルフロスの普及の流れ>

 

海外:デンタルフロス→F字型フロス→Y字型フロス

 

日本:F字型フロス→Y字型フロス→デンタルフロス

 

 

ですので、日本国内では、今でもF字型のデンタルフロス(糸ようじ)が特に広く流通しており、ドラッグストアで色んなメーカーのF字型デンタルフロスが販売されているのはもちろんのこと、100円均一などでもF字型のデンタルフロスを気軽に入手することができます。

 

 

F字型のデンタルフロスは持ちやすく前歯の歯間を磨くのに最適

 

なんといっても、F字型のデンタルフロスのメリットは、持ちやすいことです。

 

歯ブラシのように持ち手があり、あまり細かく手を動かすのが苦手な方や、小さなお子様まで、幅広い方にお試しいただけるので、デンタルフロスの入門には最適です。

 

また、F字型のデンタルフロスの中には、持ち手の先が細く加工してあり、つまようじのように便利に使える商品もあります。

 

 

そんなF字型のデンタルフロスは、主に前歯の歯間を磨くのに適しています

 

また、持ち手がついていることで、力の加減もしやすく、誤って口腔内を傷つけてしまう可能性が低いです。

 

 

F字型のデンタルフロスは奥歯には向いていない

 

F字型のデンタルフロスは、前方の歯は磨きやすいのですが、その反面、奥歯は磨きにくいというデメリットもあります。

 

デンタルフロスは持ち手(ハンドル)に対して平行、縦向きに張ってあるので、奥の方の歯に届かせようとすると、どうしても持ち手が口の端に引っ掛かってしまい、とても動かしにくいです。

 

 

そんな場合は、F字型のデンタルフロスよりも後に開発されたY字型フロスか、巻き型のデンタルフロスを工夫して使うと、磨きやすいです。

 

特にY字型のデンタルフロスは、F字型のデメリットである”奥歯の磨きづらさ”を改善するために開発されたものですので、F字型のデンタルフロスと使い分けていただくと、キレイに磨くことができるかと思います。

 

→ Y字型のデンタルフロスのメリットや使い方についての記事はこちら

 

 

F字型のデンタルフロスは、様々な通販サイト、ドラッグストアでお取り扱いがあります。

 

「オーラルケアを始めるにあたって、まずは手軽なものから試していきたい」という方にオススメです!

 

 

デンタルフロスのことなら株式会社オカムラまで!

PAGE TOP