デンタルフロスのオカムラ(OKAMURA)|高品質な歯ブラシ・歯間ブラシの製造・販売も行う、デンタルフロス関連製品の総合商社

Cooperation

コラムCOLUMN

2017.01.16

歯がグラグラするのは○○病のサイン~原因と対処法~

 

「あれ、何だか歯がグラグラしているような気がする……」と、そんなことを思った経験はありませんか?

 

「特に何も心当たりはないけれど、歯を舌や指で押したときに歯がちょっと動いたように感じた」というような経験です。

 

 

「虫歯と違って痛くないし、別に困らないからいいか」と放っておいてはいませんか?

 

実は歯のグラグラは、ある病気の初期症状で、放っておくと、最悪の場合歯が抜けてなくなってしまう可能性があります。

 

今回は、この歯のグラグラの原因と対処法について、ご紹介します。

 

 

歯のグラグラは歯周病の初期症状

 

先に結論をいってしまうと、痛みのない歯のグラグラの正体は、歯周病の初期症状です。

 

歯周病は虫歯と違って自覚症状がほとんどない病気なのですが、その進行過程に、歯のグラつきがあります。

 

歯がグラグラしているのは、歯茎が痩せはじめてきた、あるいは下がりはじめてきた合図です。

 

 

なぜ、歯茎が下がるのかというと、歯周ポケットにプラーク、またはそれが固くなった歯石がどんどん詰まっていき、歯茎を下へ下へと押し下げているからです。

 

歯茎が下がってしまうと、きちんと歯を支えることができなくなり、ふとした時にグラグラと動いてしまうのです。

 

 

「痛くないし、血も出てないから問題ない!!」と思っているうちに、歯茎の状態はどんどん悪くなり、最終的には顎の骨が溶けてしまって、歯がボロッと抜けてしまいます。

 

つまり、歯がグラグラしている地点で歯周病の治療をしておかないと、重症化してしまう可能性があるということです。

 

 

歯のグラグラに気付いた時の対処法

 

歯がグラグラしていることに気付いたら、早めに歯医者さんに行きましょう。

 

歯周病の初期段階できちんと治療を行えば、歯が抜けてしまうような事態に陥ることはないでしょう。

 

 

放っておく期間が長くなればなるほど、硬質化した歯石が歯周ポケットの奥へ奥へと詰まっていき、取り出しも困難になります。

 

 

歯がグラグラしないようにする予防法

 

では、歯がグラグラするといった、歯周病の初期症状に悩まされないようにするためには、一体どうすればいいのでしょうか?

 

その答えは、デンタルフロスを使った歯周ポケットのケアをすることです。

 

 

デンタルフロスは、歯ブラシと比べると、歯と歯のすき間や歯周ポケットの汚れ(プラーク)を落とすことに適したオーラルケアアイテムです。

 

1日3回、正しくデンタルフロスを使ったオーラルケアを行うことで、歯周ポケットにプラークや歯垢が溜まりにくくなります。

 

 

歯周ポケットにプラークなどが溜まっていない状態なら、歯茎は引き締まり、歯もしっかり支えられるので、グラグラ動くようなことはないはずです。

 

 

歯がグラグラする原因と対処法のまとめ

 

さて、ここまで歯がグラグラする時の原因と、グラグラした時の対処法、またグラグラする前の予防法をお伝えしました。ここでまとめると。

 

 

  • 歯がグラグラしてしまうのは歯周病の合図
  • 歯がグラグラしている地点で歯周病(初期)なので、歯医者で治療をしてもらおう
  • 歯がグラグラするのを防ぐためは、デンタルフロスを使ったオーラルケアで歯周ポケットにプラークや歯石を溜めないことがポイント

 

 

そもそも歯周病は自覚症状が少ないのでなかなか気づきません。

 

その為、歯がグラグラする前に普段から歯ブラシだけでなく、歯周ポケットのプラークも落とせるデンタルフロスなどを使ったオーラルケアをしっかりしておくことが大切です。

 

 

歯のグラグラを防ぐデンタルフロスならオカムラまで!!

PAGE TOP