デンタルフロスのオカムラ(OKAMURA)|高品質な歯ブラシ・歯間ブラシの製造・販売も行う、デンタルフロス関連製品の総合商社

Cooperation

コラムCOLUMN

2017.02.28

つわりで歯磨きができない! 妊婦さんにオススメのオーラルケア

 

妊婦さんの多くが経験するつらい“つわり”

 

 

つわりの程度がひどい方の中には、食べ物を受けつけなくなるだけではなく、歯磨きもつらくてできないと感じる方もいるようです。

 

例えば、吐き気がひどく、歯ブラシを口に入れるだけでも、気持ちが悪くなってしまう方、今まで平気だった歯磨き粉の香りが急にダメになってしまう方などがいらっしゃるようです。

 

 

実は、妊婦期に歯周病になってしまう方が多いのですが、それは上記のような理由でオーラルケアを避けがちになってしまうからです。

 

しかし、妊婦期だからこそオーラルケアは重要で、虫歯菌が繁殖して体内に入らないように防ぐことは、胎内の赤ちゃんの健康にもつながります。

 

 

そこで今回は、つわりがひどくて、思う様に歯磨きが出来ない妊婦さんでも、なるべく吐き気を感じないようなオーラルケアの方法をいくつかご紹介させていただきたいと思います。

 

 

1.ヘッドの小さい歯ブラシで歯を磨く

 

大人が一般的に使う歯ブラシですが、ヘッド(ブラシの毛がついている部分)が大きく、つわりがひどい妊婦さんの場合は、口に入れるだけで気持ち悪くなってしまう方が多いです。

 

そこでオススメするのが、ヘッドの小さい歯ブラシです。

 

 

例えば、部分的に歯を磨くことに特化したワンタフトブラシや、大人が子供の歯を磨くための、”ネックや持ち手は長くてブラシだけ小さい”歯ブラシなどです。

 

口の中に入るヘッドを小さくし、口腔内の異物感を減らすことで、吐き気が少しマシになる可能性があります。

 

上記のようなヘッドの小さい歯ブラシは、大型のドラッグストアやハンズなどで販売されています。

 

 

2.歯磨きの際に歯磨き粉を使わない

 

歯ブラシで歯磨きをする際には、歯磨き粉を使われている方が多いと思います。

 

つわりがひどい妊婦さんの場合は、この歯磨き粉の味や匂いがダメになってしまいます。

 

 

そんな場合は、思い切って歯磨き粉を使わないというのも手です。

 

「歯磨き粉を使わなかったら、すぐに虫歯になってしまうのでは!?」と思われる方もいらっしゃるかも知れませんが、決してそんなことはありません。

 

 

そもそも、歯磨き粉の有無は、歯垢の除去率とはそれほど関係なく、”歯磨き粉を使っているか”ということよりも、”正しく歯ブラシを使えているか”が影響します。

 

そのため、別に無理して歯磨き粉をつける必要はないのです。

 

 

「何もつけていない歯ブラシでは、磨いた気にならなくて不安」という場合は、ブラシ部分をマウスウォッシュに浸けて、使用すると良いでしょう。

 

清涼感は歯磨き粉に劣るかも知れませんが、何もしないよりは磨いた気分になるかと思います。

 

妊婦さんがマウスウォッシュを使う場合は、ノンアルコールのものを選びましょう。

 

 

3.巻き型デンタルフロスが苦しい場合、フロスピックを使う

 

「つわりがひどくなるまでは巻き型のデンタルフロスを使っていたが、つわりがひどくなってからは、口の中に指を入れるのが苦しくなり、まったく使えない!」とお困りの方もいるかと思います。

 

1度、デンタルフロスを使ったオーラルケアの習慣に慣れてしまうと、デンタルフロスが使えない日々は、不安になってしまうかもしれません。

 

 

巻き型のデンタルフロスが苦しくて使えない場合は、ホルダーにカットしたデンタルフロスを取り付けて使用したり、フロスピック(糸ようじ)を使用することがオススメです。

 

歯間部が広めの場合は、歯間ブラシを試してみてもいいでしょう。

 

 

つわりがおさまっても油断は禁物! いつも以上にオーラルケアはしっかりと

 

ひどかったつわりがおさまった方は、「今まで通り歯ブラシを使っても気分が悪くなることがなくなった!」と気分が上がるかもしれませんが、油断は禁物です。

 

 

何故なら、妊婦期は通常より食欲が増し、砂糖がたくさん入った甘い食べ物をたくさん食べてしまうという方が多く、いつも以上に歯垢の除去の必要性が上がるからです。

 

これは、そもそもつわりにそれほど悩まされていない妊婦さんにも同じことが言えます。

 

 

たくさん溜まってしまう歯垢を除去するためには、やはりデンタルフロスがオススメ

 

つわりがおさまり、オーラルケアにつらさを感じることが無くなったら、歯垢の除去率が歯ブラシと比べて高いデンタルフロスを使い、虫歯や歯周病を予防しましょう。

 

 

先述しましたが、妊婦さん(お母さん)のお口の健康を守ることは、生まれてくる赤ちゃんの健康を守ることにも直結します。

 

「つわりで歯磨きができない!」という場合でもあきらめず、様々なオーラルケア方法を試してみてくださいね!

 

 

デンタルフロスを使うオーラルケアのことならオカムラまで!

PAGE TOP