デンタルフロスのオカムラ(OKAMURA)|高品質な歯ブラシ・歯間ブラシの製造・販売も行う、デンタルフロス関連製品の総合商社

Cooperation

コラムCOLUMN

2017.04.26

歯垢と歯石の違い~デンタルフロスで取れるのはどっち? ~

 

 

デンタルフロス等によるオーラルケアを始めるにあたり、よく聞く言葉が「歯垢」や「歯石」です。

 

これら歯垢、歯石は、どちらもお口の健康に影響を与えるものですが、いったいどんな違いがあるのでしょうか?

 

今回は歯垢と歯石の違いについて、簡単にご説明いたします。

 

 

「歯垢」はデンタルフロスで取れる

 

「歯垢」は、デンタルフロスで取ることのできる、歯のねばつき汚れです。

 

口の中の細菌は、歯間の食べカスをエサにして、歯の表面にねばねばした物質を作り出します。

 

簡単に言うと、そのねばねば物質がひとかたまりになったものを「歯垢」と呼びます。

 

歯垢が溜まりやすいのは、歯周ポケット、歯と歯の間、歯茎と歯の境目、奥歯の窪んでいるところ等です。

 

この歯垢というのは、通常の食べカス等と違い、付着力が強く、しっかりとした摩擦力がないとキレイに取ることが出来ない物です。

 

だからこそ、歯ブラシやマウスウォッシュだけではキレイに除去することができず、デンタルフロスやフロスピックによって、しっかりこすり取ることが必要になのです。

 

 

「歯石」はデンタルフロスで取れない

 

一方、「歯石」と言うのは、デンタルフロスなどを使った自宅でのオーラルケアでは取ることのできない物です。

 

ある日突然、歯石が出来てしまう訳ではなく、オーラルケアで除去し切れず溜まった歯垢が、だ液に含まれているカルシウムやリンなどと反応して硬化し、最終的に歯石となってしまうのです。

 

歯石は、「石」と称されていることからも分かるように、歯垢よりも更に付着力が強く、一度出来てしまうと、歯科医院へ行かない限り取ることは出来ません

 

セルフでスケーリング(歯石の除去)を出来る道具もあるのですが、不慣れな人が使うと、歯茎を傷つけてしまうおそれもありますので、あまりオススメはできません。

 

 

歯石を放っておくと歯周病になってしまう

 

歯石ができてしまうことによる最大のデメリットは、やはり歯周病の原因となってしまうところでしょう。

 

歯周ポケットの歯垢を取りきれず、歯石になってしまうと、その歯石の重みの分、歯周ポケットが下に下がります。

 

そして、歯周ポケットが下がってしまうことで、更に歯と歯茎のすき間が広がり、また新たに歯垢が溜まり始めます。

 

その歯垢が取りきれないと、やがてその歯垢も歯石になって、さらに歯周ポケットが下がり……というように、悪循環を繰り返し、どんどん歯茎が下がってしまうのです。

 

どんどん歯周ポケットが深くなり、歯茎が下がってしまうことで、やがて歯を支えきれなくなり、最終的にスポンと抜けてしまうのです。

 

 

歯石を予防するためには歯垢を溜めないことが何よりも大事

 

歯石を予防するためは、とにかく歯垢を溜めないことが、何よりも大切です。

 

先述しましたが、歯垢は付着力が強く、歯ブラシを使うだけではキレイに落とすことができません。

 

また、歯と歯の間や歯周ポケットなど、歯ブラシの毛が届かない部分の歯垢は尚更、落とすことができません。

 

そのため、デンタルフロスを使って、歯石になってしまう前に、歯垢をキレイに落とす習慣を身に付けておくべきだと言えます。

 

歯垢をキレイに除去するデンタルフロスのことならオカムラまで!

PAGE TOP