デンタルフロスのオカムラ(OKAMURA)|高品質な歯ブラシ・歯間ブラシの製造・販売も行う、デンタルフロス関連製品の総合商社

Cooperation

コラムCOLUMN

2017.07.31

歯肉炎を予防する方法 | デンタルフロスなどの使い方

 

歯肉炎は、歯周病の”手前”の炎症です。歯肉炎にならないように気を付けていれば、より重い症状である歯周病や、虫歯のリスクも格段に減ります。

 

そして歯肉炎は、自宅でしっかりオーラルケアを行うことで予防できますし、すでに歯肉炎になってしまっていても、軽度なら健康な状態に改善させることができます。

 

今回は、歯肉炎を予防するためのオーラルケア方法についてお話したいと思います。

 

 

歯肉炎を予防し、健康な歯茎を取り戻すためのオーラルケア方法

 

歯肉炎にならないようにするためには、「歯ブラシ」「デンタルフロス」「マウスウォッシュ」を毎日正しく使い、歯肉炎の原因となる歯垢やプラークを残さないことが1番です。

 

  • 「歯肉炎を予防したい」
  • 「歯茎に腫れや変色が見られるので、歯肉炎かも……出来る限り改善したい」

 

上記のような方に、参考にしていただければと思います。

 

 

1.歯肉炎を予防する歯ブラシの使い方

 

 

歯肉炎になっている・なりかけている時は、歯茎が弱っているので、歯茎に歯ブラシの毛先が直接当たらないように意識すると、痛みや出血を抑えられます。

 

歯ブラシは、歯と歯茎の線の内側に沿わすように、横向きに細かく動かしていくのが良いです。

 

 

~こんな歯ブラシがおすすめ~

 

「弱った歯茎を傷付けない」という観点から言えば、毛が柔らかめタイプの歯ブラシを選ぶのがオススメです。

 

しかし、歯磨き中に、歯茎に思いっきり当てないように気を付ければいいだけなので、そこまで細かく気にする必要は無いかも知れません。

 

ちなみに、100%歯肉炎を予防する効果がある訳ではありませんが、歯茎のひきしめ作用がある歯磨き粉が販売されているので、試してみるのもアリかと思います。

 

 

2.歯肉炎を予防するデンタルフロスの使い方

 

 

デンタルフロスの使い方については、下記の記事を参考にしてみてください。

 

→ デンタルフロスの使い方まとめ~糸型・Y型・F型~

 

1つ1つの歯間に確実に使って、食べカスや歯垢を取り残さないことがポイントです。

 

ちなみに、歯肉炎の時にデンタルフロスを使って出血するのは、悪いことではありません

 

歯茎の中に溜まった悪い血が排出されると、歯茎が引き締まり歯肉炎の症状が改善されて、むしろ良い結果になるので、血が出ても焦る必要はありません。

 

 

~こんなデンタルフロスがおすすめ~

 

歯肉炎になっている・なりかけている時は、通常のデンタルフロスやフロスピックだと、糸が柔らかすぎて歯茎に食い込み、痛みを感じることがあります。

 

そのため、「歯茎が弱っているかも」と思う方の場合は、やわらかくフワッと広がるタイプの”広がるフロス”を選んで使うと良いでしょう。

 

“広がるフロス”のフロス部分は、非常に柔らかいため、弱った歯茎でも痛みを感じにくいです。

 

また、”広がるフロス”は歯間いっぱいに広がるため、歯垢もごっそり取れやすいです。

 

 

3.歯肉炎を予防するマウスウォッシュの使い方

 

 

マウスウォッシュによって使用量や使用方法は異なりますが、「口の中全体に行きわたることをイメージして、30秒ほどクチュクチュうがいをする」のが基本的な使い方です。

 

ただ、マウスウォッシュの効果は補助的なものであり、歯垢ががっつり取れるという訳でもないので、あくまで歯ブラシやデンタルフロスを使ったオーラルケアがきちんと出来ていないと、あまり意味はありません。

 

 

~こんなマウスウォッシュがおすすめ~

 

薬効成分を含む医薬部外品に該当するマウスウォッシュは、口腔内の細菌の繁殖を抑え、歯肉炎や歯周病、虫歯のリスクを減らす効果があります。

 

しかし、薬効成分を含む歯磨き粉と同様、絶対的な効果がある訳ではないので、「マウスウォッシュしてるから大丈夫!」と油断してしまうのはキケンです。

 

 

オーラルケアで予防を始める前に、歯肉炎になっていないかチェックする方法

 

オーラルケアで歯肉炎の予防を始める前に1度、「今の自分の歯茎の状態」をチェックしておくとよいです。

 

歯肉炎を予防する以前に、もう既に歯肉炎が始まっている可能性も高いためです。

 

 

自分で歯肉炎のチェックをするときは、歯と歯茎の境目の色に注目

 

歯肉炎になっていないか自分でチェックするためには、鏡を前に口を「い」の形にして、歯茎と歯の境目の色を確認する方法があります。

 

歯茎が赤紫っぽく見えたり、血が滲んでいるように見えたら、歯肉炎になっている可能性が高いです。

 

しかし、この方法で奥歯の裏など、見えにくい所はチェックしきれません。

 

 

歯肉炎の確実な早期発見方法は、歯科医院でのプロ―ビング

 

歯肉炎は痛みを感じにくく、自覚症状に乏しいことも多いので、自分で確実に早期発見するのは難しいです。

 

最も確実に歯肉炎を早期発見する方法は、歯医者さんに定期検査を行ってもらうことでしょう。

 

歯医者さんでは、プロ―ビングと呼ばれる歯周検査をしてもらえます。

 

簡単に言うと、目盛りのついた器具で、歯周ポケットの深さを測っていくというものです。

 

歯周ポケットの深さが3mm以内なら健康な歯茎、4mm~6mmは歯肉炎・中度の歯周病、7mm以上は中度以上の歯周病と判断されます。

 

 

痛みがないけど軽視はキケン!出来るだけ早く歯肉炎の予防を始めよう

 

  • 歯茎に触れると、わずかに痛い
  • 歯茎に触れると、むずかゆい感じがする
  • 歯茎に触れると、出血する
  • 歯茎に触れると、膿がでる
  • 歯茎の色の赤みが増す
  • 歯茎がぶよぶよした感じがする
  • 歯茎が腫れる

 

これらの症状はすべて歯肉炎の症状なのですが、ハッキリとした自覚症状がないことも多いです。

 

特に、平常時に痛みを感じる人が少ないため、歯肉炎については歯周病と比べると軽視される傾向があります。

 

 

しかし、放っておくと症状は進行していき、やがて歯周病になり、この歯周病が更に悪化してしまうと治療も困難になってきます。

 

「気付いたときには、もう大変!」という状態にならないよう、決して歯肉炎を軽視せず、しっかり予防していくことが大切です。

 

 

デンタルフロスを使い始めた人から、「最初の方は血が出た」と言われることが多いのですが、それは今まで気づいていなかったけど、歯茎の状態も良くなかったということです。

 

つまり、それだけ多くの人が“歯肉炎あるいは歯肉炎予備群になってしまっていた”とも言えます。

 

この記事を読んでいるあなたも、他人事ではないかもしれません。

 

 

いくつになっても健康な歯と歯茎を保つために、出来るだけ早くから歯肉炎の予防を心がけましょう!

 

歯肉炎を予防するためのデンタルフロスのことなら、オカムラまで!

PAGE TOP